刺青除去について考える

刺青除去を行いたい場合、どこで施術を行うか悩みます。


刺青除去は医療行為ですので、美容外科など医師がいるクリニックで行われています。

除去には様々な方法がありますが、完全にきれいな皮膚に戻すことは難しく、ある程度の傷跡が出来るのは、仕方がない施術となります。


医師の技術や、クリニックが使用している機器により、この傷跡の程度が変わりますので、受診するクリニック選びは、慎重に見極める必要があります。



価格を考慮する事は大切ですが、執刀する医師の技術力や実績、施術後のアフターフォローなどのクリニックの対応を調べた上で、クリニックを選ぶと、傷跡も少ない程度ですみ満足のいく施術を受けられます。


刺青除去の方法には、レーザー、削取法、切開法があります。

それぞれに向き不向きがあるので、入れている刺青に合わせて、施術法を選びます。

産経ニュースのことならお任せください。

レーザーは、赤色には対応しきれない機器が多く、色を選びます。



また、数回に分けて施術を行う場合が多いです。

削取法は、範囲が広い刺青に向いている施術ですが、深く掘っている場合には適さない場合があります。

切開法は刺青を切って除去するので、色を選ぶ事もなく、深く掘っている刺青にも対応します。

小さな模様でしたら1回の施術で完了しますので、早い処置を望んでいる方に向いています。

施術後はガラスでひっかいたような線が残ります。

このように施術法によって特徴があるので、自分の刺青に合った施術法を提案してくれる、信頼のおけるクリニックで行うと、満足のいく仕上がりを得られます。




Copyright (C) 2014 刺青除去について考える All Rights Reserved.